法人化のメリットとは

フリーランスから法人化

フリーランスが法人化するとは?

フリーランスとして仕事を請け、これまで実績を積み重ねてきたけれど、最近クライアントや他のフリーランスから「法人化しないの?」と聞かれることがあるかもしれません。

フリーランスから法人化を目指すなんて、目標としても言葉の響きとしてもかっこいいですね。これまで何かしらのメリットがあることは分かっていても、面倒くさかったりすることもあり“法人化”について真剣に考えることのなかったかもしれません。では、法人化するとは具体的にどのようなことを意味するのでしょうか?

法人化あるいは法人成りとは、個人事業主つまり自営業者やフリーランスが事業を法人化することです。個人事業主が株式会社や合同会社などを設立してこれまでの事業を継続することを法人化する、あるいは法人成りと呼ばれます。

しかし事業そのものは税務署に開業届を出せば、一人でも行うことができます。会社を作らなくても事業は行えるわけです。それでもフリーで仕事をする個人の中から、会社を設立し法人化を目標にする人は増えています。

ということは、フリーランスという個人で仕事をするより、会社として仕事をすることに何かしらの魅力があるということです。例えば、たった一人の従業員つまり、自分一人だけでも会社にして法人化することは可能です。

個人事業主であれば、取引先や銀行から見て信用度が低く、取引開始、口座開設などを断られることもありますが、法人化して会社になれば、信用度も上がり取引開始、資金調達のための口座開設がしやすくなるなどの魅力があります。

他にも法人化に伴うメリットはたくさんあります。もちろんそれと同時に把握しておかなければならないデメリットもあります。法人化の意味やメリット、デメリットを把握し、法人化のための準備と手順を抑えておけば、フリーランスとしての今の仕事がさらに充実し、拡大することにつながるでしょう。

Copyright © フリーランスから法人化. All rights reserved.